tel
ファシリティマネジメント
企業や組織における第5の経営資源であるファシリティ(土地、建物、構築物、設備など)は、これまで個別に運営、メンテナンスをおこなうことが一般的でした。
弊社がご提案するファシリティマネジメントは、建物や施設単位ではなく、ファシリティ全体をひとつの対象として総合的な視野で捉え、将来の環境や社会変化を見据えた長期的視野に立ちます。
単なる維持管理ではなく、運用状況の監査を実施し、維持管理コストの把握・分析をおこなった上で、維持管理、更新投資等マネジメントにかかる計画(ライフサイクルプラン)を作成するところから始まります。
すなわち経営的視点から各ファシリティを、最大有効活用と最小のコストで、保有・運営・維持をおこなうことが可能となります。
ファシリティマネジメントを導入することにより、以下のようなメリットが見込まれます。
不要な施設、不足な施設、不適当な使われ方の施設が明らかになり、売却も含め、経営にとって最適なファシりティのあり方をご提案。
ファシリティの改革によって、経営の効率が向上。
同時に、施設関連費用(施設投資・施設資産・ファシリティコスト)を最小に抑えることができる。
顧客、従業員その他のファシリティ利用者にとって快適・魅力的な施設を実現。
省エネルギーを実現し、コスト低減とともに環境問題にとっても効果的な解決手段となる。
Copyright 2011 ARIES Inc. All rights reserved.
アリエス株式会社
〒410-0033
静岡県沼津市杉崎町 13-32 奈良橋ビル2F
 TEL 055-929-6000 FAX 055-929-6001